Koryo Style - 私の1日 -

光陵に入学したあなたを待っているのはとても楽しくて、充実した毎日です。ここでは、先輩たちのキャンパスライフのひとコマを切り取って、ご紹介します。入学後の、光陵に通うあなたの姿をぜひ想像してみてくださいね。

渥美 悠

渥美 悠 英語コース 2年
静岡県出身。友人の河合知映さんは中学時代からの親友で、所属セミナーも下宿先も同じ。課題活動は名古屋商科大学のサークル「ストリートダンスクラブ」にも所属していて、学園祭ではダンスを披露しました。『グランドホテル浜松』への就職も決まり、「英語を使った職業に就きたい」という将来の夢を実現。

ストリートダンスクラブ
9:00

おはようございます

静岡県出身の私は大学から1.5kmほどの所にあるアパートに下宿しています。校舎のすぐ近くにバスが停まるので通学はとっても便利。今日は、1限目の講義に間に合うように余裕をもって登校しました。

9:10

授業内容をチェック

授業の前に、自分専用の「MacBook」を開いて、先生や事務局からの連絡事項を確認。ワイヤレスキャンパスだから、屋外でもメールチェックができます。パソコンは英語の授業などでもよく使いますよ。

10:00

英語の授業中

1限目はCommunication Skillsの授業。Andrea先生は、日本語も話せるのですが、授業は英語だけで進められます。学生がついていけないときは、平易な英語表現を工夫してくださる。やさしい先生です。

13:30

友だちとランチタイム

ふだんはお弁当を作ってくることが多いけれど、今日は併設の名古屋商科大学の食堂に来ました。メニューも豊富で、おいしいですよ。私は唐揚げ定食を、河合さんはオムライスを選びました。

15:30

図書館(中央情報センター)で調べもの

セミナーで使う資料を探すため図書館へ。英語の自習コーナー「SAC」では、Listeningの勉強のために英語のDVDを見たりすることもあります。今後は卒論のための文献検索でもお世話になります。

16:00

先生の研究室へ

Tatyana先生は所属セミナーの担当共感で、週1回、研究室を訪れて面接を受けることになっています。セミナー教員は学生にとって一番身近な先生。他の先生の授業のことでも相談に乗って下さいます。

17:30

"モス"でひと休み

河合さんが受けていた4限目の講義が終わるのを待って、モスバーガーへやって来ました。授業と部活の合間に、ちょっと軽いものでも食べたいな……と思ったとき、ちょうどいいんです。

18:00

友だちのクルマで帰ります

河合さんが最近クルマを手に入れたんです。今日は助手席にのせてもらって、一緒に帰ります。登録費用300円だけでキャンパス内の駐車場が借りれるので、マイカー通学をする人も多いですよ。