先進諸国はもちろんアジア各国においても、高度情報化は非常な勢いで進展しています。このような状況の中、1998年、本学の教育目標のひとつ「グローバルスタンダード」を実現するために、CGC棟は誕生しました。

最新のマルチメディア設備と情報機器を備えたCGC棟は、講義に使用されるだけでなく、学生のプレゼンテーション等にも活用され、IT教育に着実な成果をあげています。


マルチメディア・ネットワーク活用技術を習得し、国際ビジネスをリードする人材

高度情報化時代のGlobal Standard教育。本学のCGC棟では、それを当然のように体験することができます。教室内には黒板はなく、講義はマルチメディアおよびネットワーク機能を融合した、先進的なスタイルで進められます。教授陣は、CATV・VTR・DVD・衛星通信・インターネットおよび、各種コンピュータソフトなど様々な情報を活用した多彩な講義資料を作成し、学生はそれを200インチと230インチの大型2面スクリーンに映し出される映像によって学んでいきます。

また、学生による論文発表の舞台などとしてもCGC棟は活用され、情報化時代に対応する最新のプレゼンテーション技術 などの習得にも大きく役立っています。さらに、衛星通信およびインターネットを用いて、国内・海外問わず他大学との交流を実現し、マルチメディア会議や交換授業などを実施しています。

右クリック(Mac:Ctl+click)で拡大