”子どもの発達や子育てについて母親の立場から学びます。”

「幼児虐待」「育児放棄」「いじめ」「不登校」「きれる子ども」など、テレビや新聞では毎日のように子どもの問題が報じられています。将来、自分が母親になったとき、子どもたちを健やかに育てていくことができるかどうか、不安を感じることもあります。2009年4月開設の「子ども心理コース」では、子どもの心と体の発達について理解を深めます。保育専門職の立場ではなく、子育てをする親の立場から学ぶところが特長です。子どもの発達や子育てに関する科目群と並んで、キャリアカウンセリングやコミュニケーション論といった科目を学ぶことにより、女性としての人生を長い目で見わたし、その中で重要な位置を占める子育てについて考えることができます。

学びの特色

仕事と子育てを両立させたい女性を支援するカリキュラム。

授業風景

将来、仕事も子育てもどちらも楽しみながら、女性として充実した人生を送りたい人に役立つカリキュラムを編成しています。子どもの発達を理解するための心理学系科目、ビジネスや家庭生活でも役立つコミュニケーションに関する科目のほか、秘書・情報・英会話といった実務系科目も充実。これらの知識を総合して、例えば企業内での託児制度作りといった、働く母親を支援できるような人材を育てることも目標の一つです。なお、本コースでは、イギリスの国家職業基準資格に準拠したチャイルドマインダーをはじめ、交流分析士や話しことば検定などを取得することができます。

2年間のイメージ

1年次 2年次
子どもの心を理解するための心理学
ベビーシッター概論/子どもの心理と行動/心理学の基礎
人格心理学・発達心理学・社会心理学
コミュニケーション論
英語コミュニケーション/国際関係・国際ビジネス
コンピュータ関連科目/資格対策(色彩・秘書など)